<< 稚鮎フィーバー開幕です♪ | main | 沼津アオリイカ情報!(凄腕H氏とその仲間達) >>
2020.03.01 Sunday

狩野川解禁情報(漁協組合から)

0

    狩野川漁協組合発信の解禁情報を記載します。

     

    春に三日の晴はなし、と言われていますが適度に雨も降り、水位もほぼ平水、水温も9℃位、今年の解禁日は晴れとなり、気温も上がりまずまずのコンディションとなった。矢熊橋では早朝から14人くらい入川し、朝6時ころには4〜5匹の釣果が出ていたようだ。

    午前8時より狩野川漁協理事たちが、2人1組になり本流、支流に監視業務を行ったところ今年は解禁日が日曜日となったため、矢熊橋、宮田橋上流、殿淵、雲金橋付近、田沢付近に人が多く支流では船原川、吉奈川、持越川、猫越川、本谷川にも多く釣り人が見られた。大見川の各支流にも多くの釣り人が見られた。(筏場川、冷川、菅引川)本日は早朝より気温が上がり、黄瀬川で8度位、狩野川で9度位の気温で狩野川では午前9時頃の釣果は4〜19匹の報告があり黄瀬川も五竜の滝下流の大畑橋に釣り人が多く、釣果3尾前後、大きさ15僂諒鷙陲あった。

     

    2月27日に狩野川本流にアマゴ成魚300kgを放流し、翌28日大見川にアマゴ成魚300塋流し、黄瀬川には2月25日ニジマス成魚200塋流しました。昨年5月には狩野川、大見川支流にアマゴ稚魚2,000匹日本渓漁会のメンバーが放流また、昨年11月7日に狩野川支流、大見川支流に300塋流しましたので期待ができる。

     

    ルアー釣りも同日解禁。期間はフライ・テンカラと同じで9月30日まで。3月1日から5月19日までは本支流でできるが、5月20日から9月30日までは支流のみとなる。支流のうち大見川は梅木発電所取水口から上流のみ、持越川は大堰堤より上流のみ、黄瀬川は鮎壷の滝より上流は12月31日まで釣りができます。本流の山田川との合流より下流では、ルアー・フライ・テンカラ共7月31日までできる。

    餌釣りは3月1日〜9月30日まで、本支流全川(柿田川を除く)どこでも可能。

     

    午前10時まとめ (午前8時〜10時調べ)
    人数 190名
    釣果 0〜20尾
    大きさ 20〜30cm
    水温 8〜10℃
    気温 8〜11℃
    天候 晴→薄曇り
    水位 平水 濁りなし(狩野川、大見川)
    平水 濁りなし(黄瀬川)
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM