2011.08.05 Friday

河口湖でウィードを釣る。

0
    スタッフIです。

    今年のバス釣行はほぼ同じ湖へ行き思い通り釣れない釣りが
    続いておりましたので気分転換と自分の壁を越える目的で
    今年2回目の河口湖へ行って来ました。



    深い所で釣れているとの情報もあったのですが、
    「今日は浅場のこんもり茂ったウィードを釣りたいですね男
    と、Oさん。



    まずはポークのヘビーダウンショットをウィードポケットへ
    落とし込みボチボチのサイズ魚



    僕も負けじと全く同じリグとポークをOさんに借りて
    ちょいとサイズアップ。

    午前中はとりあえずバスの顔を見て終了。



    今回はリッチに食堂で昼食です。
    とんかつ定食をぺろりと平らげラーメン
    午後からの釣りの作戦会議です。

    I「さて、午後はどうしますか?」

    Oさん「巻いて釣りたいですねぇ。」

    I「深場でも釣れてるみたいだし数伸ばすなら手堅く・・」

    Oさん「いやいや、もう浅場で豪快にデカイのドカンッですよ」

    I「あっ、はい・・じゃあそうしますか!」

    勝負師のOさんの言葉に心まで停滞している僕にも火が付き、
    午後はビックベイトとフロッグで二本勝負に。

    そして、ウィードジャングルのポケットの上を僕のフロッグが
    気持ち良くドッグウォーク。
    すると、そのすぐ後ろで大きく水面が盛り上がりました。
    これはとんでもなくデカイなぁなんて思った途端、
    ボォァゴンッッ魚
    僕のフロッグ消えました。
    渾身の力でフッキング。
    ロッドに重みが乗りました。
    んっ!?
    上がってきたのはウィードのみ・・
    河口湖のウィード沢山釣れました。

    結局、そのままタイムオーバー。

    と思いきや、

    ボート屋さんに戻って後片付けが終わっても納得できない二人は
    暗くなるまでおかっぱりでフロッグ一本勝負嬉しい

    約5分後・・



    いや〜Oさんに見事にやられてしまいました。

    僕が貸したフロッグをロングキャストし、
    ジャーク後のポーズで仕留めた43cmのフロッグバス魚
    お見事拍手

    一匹でも体が震える程嬉しいフロッグフィッシング。
    僕は今回も勝負に負けてしまいました嬉しい
    2011.08.02 Tuesday

    諦めない。

    0
      スタッフIです。

      芦ノ湖で開催されたNBC神奈川チャプターに
      参加してきました。





      今回も釣る選手はいつもの様に釣り、
      季節など関係なく今の僕にしてみると絶対に
      釣れないんではないかと思えてきます。



      トーナメントの世界は全選手に平等に与えられた
      同じ条件、同じルールの中で競います。

      競う相手がプロであろうと先輩であろうと
      当然、手加減などしてくれません。



      特にこの神奈川チャプターに出場している選手達は
      いつでも大きなバスを持ち帰ってきます。

      毎回毎回、自分の伸びかけた鼻を見事にへし折ってくれます。

      自分の力が足りないのは百も承知です。
      でも、釣りは一番好きなことなので負けたくありません。
      目標は高ければ高いほど成長出来ると信じています。

      気の合う仲間と楽しくわいわい楽しい
      これもトーナメントの楽しみですが、
      ホントに上手な人やこの人より沢山釣ってみたいと
      思える人と同じ土俵に立ち、自分のスキルアップを目指す。
      これもトーナメントの大きな楽しみのひとつです。

      僕はまだ諦めません。

      そんな話はどうでもよくて嬉しい

      芦ノ湖の情報ですね。

      浅場(数十cm〜3m位まで)でシャッド、スモラバ、トップを使って
      釣れるバスはサイズが良く(45cm以上)

      深場(4m〜)でラバージグ等を使って釣れるバスは
      サイズが上がりませんでした。(42,3cm止まり)

      僕は浅場でのトップウォーターをメインに、状況次第で深場に移動し
      3/8ozラバージグ+ビックダディーを落とす作戦で望みました。
      魚は釣れましたが、この大会のメンバーと勝負するには数、サイズ共に
      遠く及ばずの結果でした。

      ん〜くやしいしょんぼり








      2011.08.01 Monday

      第一回 DEEP LINER CUP

      0
        6月の釣行で富士市のいのまた釣具店の店長さんと
        ご一緒させていただいたのですが、その際に・・


        『2店舗合同で、ジギング大会をやれたら面白いですね!』
        なんて、話しをしていたら・・

        ナント!実現してしまいました(笑)



        ディープライナーさんに全面協力を頂き10月22・23日に
        いのまた釣具店さんとプロショップカサハラで
        2店舗合同の「第一回DEEP LINER CUP」を
        開催します(^^)v

        今回は第一回ということもあり、募集人員も少なめでしたので
        数日前から店頭で参加者を募ったところ、アッ!と言う間に
        埋まってしまいました・・・
        次回は、もっとたくさんの方にご参加いただけるように
        尽力いたします!

        また、やむを得ずキャンセルの方などが出た場合は
        ブログでお知らせいたしますm(__)m

        追伸:8/28に下田へ根魚ジギングに行きます!ご一緒できる方スタッフOまで
           ご連絡下さい!
        2011.07.29 Friday

        ビックベイト部

        0
          スタッフIです。



          このところの芦ノ湖の好調ぶりを見て見ぬ振りなど出来ないので、
          ビックベイト部の部長Kさんと不良部員の僕は芦ノ湖に船を
          浮かべに行って来ました。

          しかし箱根の天気は侮れません。
          雨、風共に出船を躊躇する寸前まで強く強風
          夏用のレインウェアーを着て出たのですが、
          湖に出て2時間程すると体がブルブル、ガクガク冷や汗

          寒いの何のってもう・・大変。

          これからは防寒着も車に積むようにします。

          さて、釣りの方はと言うと、
          部長男はさすがにビックベイトのみを男らしく投げ続け
          2バイト1フックアップ1ジャンプで1バラシ。

          やっぱりバラした魚はデカかった・・・

          僕のビックベイトにはバイトなし悲しい





          ちょっと狙いを変えて他のルアーでなんとかフォローに成功しました。

          そうだ、今度の日曜日は芦ノ湖で大会があるんだ嬉しい

          今回も真剣に遊んで来ます。
          2011.07.25 Monday

          今年も北浦の夏。

          0
            スタッフIです。

            7月24(日)



            私にとって既に毎年の恒例行事となっております
            アメリカンドリームトーナメントに参加するため
            北浦まで行ってまいりました。

            7月19日(火)



            この大会に向けての練習のため北浦入り。
            台風の影響で湖全体を見て回ることができなかったので
            比較的穏やかな場所で釣りをしてみて感じた事は、
            バスの付くスポットを探す事が一番大切な事で
            バスに口を使わせる事はそれほど難しくないということ。
            クランクベイト、スピナーベイト、テキサスリグ、ネコリグ、
            ダウンショットとどれでもバイトが取れました嬉しい

            7月19日(火)〜7月24(日)までの数日間

            インターネット等で水温や釣果情報をチェックしていると
            どうやら最下流部の大きな水門を空けたとのこと。
            水温が5℃も低下し、水質の悪かった上流の水が一気に下流に流れて・・
            180度違う湖になってしまっているのではないか。
            ただ、北浦での経験が少ないのでこういう状況で
            どのように対応していくか!?

            ん〜〜男

            当日、釣りをしながら五感を研ぎ澄ましバスからの答えを得よう!

            誰かが言っていました。
            ”Fish the moment”
            ”その時、その瞬間を釣れ!”

            これです!

            自然の状況やバスの気分は1分、1秒と変化しているので
            柔軟に対応しなさいと。

            7月24(日)の朝



            話しは戻りまして大会当日の朝。
            晴天、風は19日と真逆の北東の風。
            スタート。
            とりあえず1番水質の良さそうな最下流の常陸利根川へ。
            風の当たっている方の岸でアシ、ヘラ台、杭、水門を
            スピナーベイトとジャンボグラブのテキサスリグ7gで釣り
            朝1時間でリミットである3匹をキャッチ魚

            こんな幸先の良いスタートは何年振りでしょう。

            さあ、ここからどうウェイトを上げていくか?

            今、釣れている条件の揃った場所を回って
            大きいバスが釣れなかったら北浦本湖に行こう。

            10時30分、北浦本湖に移動。

            シーン・・・冷や汗

            この移動が大きな敗因となりました。
            その後はワンバイトも得られずに終了〜悲しい

            反省点は自分の中で確信がないにもかかわらず
            人の情報に流されて北浦本湖へ”もしかしたら”を期待して
            移動してしまった事。

            完全に判断ミスですしょんぼり

            実際、2位のチームは11頃までノーフィッシュながら
            後半に常陸利根川でラッシュがかかりグッドフィッシュを
            ウェイイン拍手

            思い通りにはいきません。
            だから止められません楽しい


            パートナーTさんもスピナーベイトで北浦バスを釣り、
            入れ替えに成功。今回の重要な任務を担って頂きました。


            スピナーベイト用
            ロッド:テイルウォークBronzer C65M 
            ライン:デットオアアライブ(フロロカーボン)14ポンド
            ルアー:ブーヤ バイブラフレックス 3/8、1/2oz

            テキサスリグ用
            ロッド:テイルウォークBronzer C70H
            ライン:デットオアアライブ(フロロカーボン)16ポンド
            ワーム:ジャンボグラブ(シンカー7g)

            また来年頑張るのは当然ですが
            そろそろ結果を出さないといけません。

            情熱はまだまだ燃え上がっております。






            Calendar
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << May 2018 >>
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM